ダイヤモンドの選び方|手作りの結婚指輪が二人の愛を高める|真心込めて

手作りの結婚指輪が二人の愛を高める|真心込めて

リング

ダイヤモンドの選び方

カップル

ダイヤモンドのクオリティ

婚約指輪というと立て爪でダイヤモンドがセッティングされたデザインを思い浮かべる方が多いです。時代が変わり流行が変わっても、婚約指輪イコールダイヤモンドが付いたもの、というイメージは今でも根強く、実際に何かしらダイヤモンドが付いたデザインが主流です。一口にダイヤモンドといっても種類は様々で素人には判断が難しいものですが、ダイヤモンドには世界共通で設定されているグレーディング基準があります。カラット・クラリティ・カラー・カッティングの4つの基準からなり、頭文字をとって4Cと呼ばれ、これらの総合でダイヤモンドの品質が判断されます。何を優先して選ぶかは好みにもよりますので、実店舗で様々なダイヤモンドを比較してみると良いでしょう。

鑑定書を忘れずに

上記の通りダイヤモンドには品質評価の基準が明確に定められており、そのクラスは付属の鑑定書で確認することができます。鑑定書はブランドに関係ない第三者機関によって発行され、購入したダイヤモンドの品質を保証してくれるものです。普通の場合特にお店にお願いしなくても自動的に付いてくるものですが、必ず付属していることとその内容を確認しましょう。せっかく選んだ婚約指輪に付いてくる鑑定書ですので、お2人で一緒に選んだ際は勿論のこと、サプライズで婚約指輪を渡した場合も忘れずにお相手に渡すようにしましょう。ダイヤモンドの公的な鑑定書があることで安心感に繋がり、贈り物としてもより確固たる価値を感じてもらうことができます。